ディズニー・ワールドに「トイ・ストーリーランド」、2つのアトラクションがオープン

トラベルボイス によると。

米国フロリダ州オーランドにある「フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」は2018年6月30日、映画「トイ・ストーリー」をテーマにした「トイ・ストーリーランド」をオープンした。

11エーカーの同テーマエリアでは、新作の家族向けローラーコースター「スリンキー・ドッグ・ダッシュ」と、回転系ライド「エイリアン・スワーリング・ソーサ―」の2つのアトラクションがオープン。ファーストフードタイプのレストラン「ウッディのランチ・ボックス」も設置した。

また、人気の既設アトラクション「トイ・ストーリー・マニア」も移設し、リニューアルオープン。このほか敷地内では、トイ・ストーリーの人気キャラクターが出迎え、巨大な積み木やルービックキューブなどの400以上のおもちゃのオブジェが飾られる。

ディズニーワールドパークチケット

WDWの基本となるチケットは、「マジック・ユア・ウェイ・ベース・チケット」です。この基本チケットにオプションで加えることができます。

①マジック・ユア・ウェイ・ベース・チケット
WDWの基本チケット。マジックキングダム、MGMスタジオ、エプコット、アニマルキングダムの4大テーマパークへ1日1パークのみ入場でるチケット。有効期限は最初に使った日から14日間。※このチケットだけだと、1日1パークなので、午前中はアニマルキングダム、午後はMGMといった入園が出来ないので注意。このチケットに4大パークに何度でも入れるサービスを付加したのが「パークホッパー・オプション」です。

②パークホッパー・オプション
ベースチケットに、1日に何パークでも入場できるよう機能追加するオプション。※このオプションだけの購入ってのは出来ないので注意してください。

③マジック・プラスパック・オプション
4大パーク以外の、タイフーンラグーン、ブリザードビーチ、プレジャーアイランド、ワイドワールドオブスポーツ、ディズニークエストへ入場できるようになるオプション。ベースチケットの日数により3dayには2回、4,5dayに3回、6dayに4回、7,8,9dayには5回の追加パスが付く仕組みです。このオプションは、ベースチケットの使用開始日より14日以内まで使えるので、ベースチケットの日数内で使い切る必要なく、4大パークを楽しんだ後、タイフーンラグーン等で利用することが出来る。

④マジック・ユア・ウェイ・プレミアムパス

ベースチケットにパークホッパーとマジック・プラスパックを組み合わせたパス。

ディズニーワールドパークのクレジットカード

ウォルト・ディズニー・ワールドでは、VISA、VISAエレクトロン、JCB、ダイナース、ディスカバー・カード、MasterCard、アメリカン・エキスプレス、ディズニー・クレジット・カードが使えます。
但し、ワゴン販売やファスト・フードなど、一部のショップで使えないところがあるので、注意してください。
また、ディズニーホテルに宿泊の場合、ホテルのキーカードにカード機能を付けて決裁する方法もあるようです。私たちの場合は、ディズニーダイニングプランを付けたので、食べ物に関しては、ワゴン販売も含め、ホテルのキーカードが利用できました。

ディズニーワールド・ディズニーホテルの予約

WDW旅行のホテル選びは、WDW生活のポイントです。目的、滞在日数、交通の便、特典等考慮して、ホテルを決めたらば、次は予約です。ホテル予約方法は、大きくは3つあります。(ディズニー直営以外のホテルは2つ)

①ディズニー公式サイトからの予約

個人手配の旅行の場合で、ディズニー直営ホテルを選択した時には、ディズニー公式サイトで申し込みができます。サイト内のチケットプラン・パッケージプランの他、ダイニングプランなどの予約が可能です。閑散期に、ディズニーが独自で行なうホテルやパークチケットのバーゲンがあるそうです。年3~4回発表されますが”プロモーション”という名称で、内容や割引率、期間などの条件はそのつど違うようです。旅行日程が合えば、このプランの利用も要検討です。但し、このプロモーションを利用した宿泊プランは、②と③でも、価格に反映されていると思います。

②ホテル予約の出来る「旅行代理店」又は「ホテル予約専門サイト」の予約

個人手配の旅行の場合です。格安の宿泊プランや旅行代理店等の予約特典などを見つけることが出来れば、かなり格安の宿泊予約が可能です。申し込みも、ほとんどの場合、日本語で出来るので、申し込みやすさは、公式サイトを利用するよりも簡単で正確というメリットがあります。但し、格安プランは繁忙期(混雑期)等の流通が少ないので、旅行日程によっては、確保できない場合があります。

③WDWツアーのホテルプランを選択

この場合の最大のメリットは、ほとんどのツアープランには、航空券・ホテル・パークチケットがセットされている場合が多いので、選んだホテルの選択できるツアーであれば、申し込みが簡単で、ツアー特典なども利用できるということです。オーランドへの直行便もないので、乗継の国内線手配も含めて予約できるので、海外旅行の準備が簡単です。但し、貯まったマイル等の利用が出来なかったり、旅行日程が決まるのが遅かったりとデメリットもあります。
いずれにしても、WDW旅行の時期、海外渡航経験等も含め、いずれかの方法で早めに予約しましょう。

ディズニーシー&ディズニーランド・ディズニーワールド・ディズニーランドリゾートのパーク情報&攻略・裏技・混雑予想