disney-fannet

10月 042018
 

J-CASTニュース によると。

 平昌冬季五輪フィギュアスケート女子の金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手(16)が2018年10月4日、さいたま市内で行われたイベントに出席し、日本から贈られた秋田犬(あきたいぬ)「マサル」をめぐる家庭内の「領土紛争」を明かした。

 この日のイベントは、寝具メーカーのエアウィーヴ(東京都中央区)が主催。同社はマサルのためのマットレスを贈ったが、先にマットレスを占領していたのは、飼い猫のイリスカだった。そこでマサルが取った行動は…?

■「自分の『領土』をイリスカに分かってもらおうと」…

 マサルは18年2月に生まれ、5月に秋田犬保存会(秋田県大館市)からザギトワ選手に贈られた。高岡本州会長によると、7月末にザギトワ選手と面会したのをきっかけに8月初めにマサルにマットレスを贈ったが、マサルの成長が早く、さらに大きいものを改めてプレゼントすることにした。

 ザギトワ選手によると、マサルは飼育業者に預けてあったため、初めてマットレスに触れたのはイリスカだった。そこで「領土紛争」が起きた。

  「マサルが帰ってきたときに、イリスカはすでにマットレスを占領していました。最初は縄張り争いという感じでしたが、結局はマサルが勝ちました。自分の『領土』をイリスカに分かってもらおうと、おしっこをかけてしまって…」

 ただ、このマットレスはカバーを外して洗うことができる仕組みになっていたので、事なきを得たという。イベントでは、新しいマサルのマットレスとイリスカのマットレスが贈られ、「我が家も平和になると思います」と、喜んでいた。
「私の気持ちを理解してくれる良き友達」と溺愛
 ザギトワ選手はマサルについて

  「まさに私の気持ちを理解してくれる良き友達。抱っこしたり、自分の気持ち、1日の気持ちを話したり…。私も誰かに愛されたいという気持ちがあるので『愛してくれる』友達になりました」

などと話し、溺愛している様子だ。

 マサルの体重は「最後計ったときは22キロで、それからもっと増えていると思う」。ザギトワ選手も、2月の平昌五輪から身長が約7センチ伸びたという。

  「今季を迎える時には少し変な感覚がありましたが、その後はコーチのサポートもあって、練習して少しずつ慣れてきました。人間は成長するのは当然なので、それに慣れるしかない」

と話しており、パフォーマンスに大きな影響はないとの見方だ。

 ザギトワ選手は、さいたま市内で10月6日に行われるチーム対抗戦の「ジャパン・オープン」出場のために来日している。

9月 092018
 

Football ZONE web によると。

札幌戦後、東京まで羽を伸ばして家族でオフを満喫、妻との私服2ショットを公開
 J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは華麗なプレーで多くの人を魅了しているが、オフも家族と充実の時間を過ごして英気を養っているようだ。自身の公式インスタグラムを更新し、鮮やかにライティングされた東京ディズニーランドのシンデレラ城をバックに撮影した夫婦2ショットを投稿している。

 7月22日の第17節湘南ベルマーレ戦(0-3)でJリーグデビューを飾ったイニエスタは、第21節ジュビロ磐田戦(2-1)で華麗なターンからJリーグ初ゴールをマークすると、第22節サンフレッチェ広島戦(1-1)では豪快なミドルシュートを叩き込んで2試合連続ゴールの活躍を見せた。9月1日の第25節北海道コンサドーレ札幌戦(1-3)まで5試合連続スタメン出場を続け、チームに不可欠な司令塔として圧倒的な存在感を示している。

 スペインの名手は札幌戦後に東京まで足を延ばし、夢の国・東京ディズニーランドを家族で堪能したようだ。インスタグラムのストーリー(24時間で削除される動画・写真)を更新し、美人妻のアンナ・オルティスさんと2ショットを撮影。夜のシンデレラ城は鮮やかな色を放っており、二人は私服姿で笑顔を見せている。それまでもインスタグラムでディズニーランドを楽しむ様子を伝えていたが、5日から再開するチーム練習を前にオフを満喫した。

 次節は15日の本拠地ガンバ大阪戦。チームはイニエスタ加入以降初の連敗を喫しているが、代表ウィーク期間中にチームの立て直しを図れるか。日本に順応してきたイニエスタがさらに輝きを放ちそうだ。